現代の家庭教師時事情


世継ぎの育成に端を発した家庭教師は年間数百億円という市場規模を誇る一大ビジネスですが、学習塾の勢いに若干押され気味なのが現状です。 昭和30年代以降顕著になってきた少子化問題も一連の流れを後押ししているとも言え、他事業所との差別化をはかり激化する教育業界の競争に打ち勝つ事が課題です。 事業説明会での面接だけで即決しなければならなかった従来の勧誘方法ではなく、実際に担当教師との相性や人柄から選ぶという形で事業所を売り込むところも多くなっていますが、 運営者側のリスクが大きいものの利用者に安心感を与えられるという意味で、利用者目線から高い評価を得られやすいメリットがあります。


家庭教師というと受験準備といったイメージが強いものの、他人とのコミュニケーションを図るのが苦手とする若者が急増している現代、学校に代わって学習環境を整える効果に期待する声もあがっています。 ここ数年フリースクールが話題となっていますが通いきれなかった学校授業の遅れを補いたいという家庭の子供たちや、様々な理由から進学をあきらめた子供や大人たちに通信教育での受験を促す意味で、 家庭教師を選ぶケースも少なくありません。


競合する学習塾や他社家庭教師機関との差別化を図るために、よりユニークなカリキュラムや人間的なつながりの中で、人格形成にも影響を与えうるツールとしてアピールする事業所も多く、特徴や形態が多様化しています。 経費を無駄にかける必要はありませんが安かろう悪かろうではお話になりませんから、ある程度の相場も見極めつつ目標に即した家庭教師機関を選ぶのが賢明です。